夫婦の心理学

「もう限界!」妻の短気に疲れた時の対処法とNG行動とは?

「もう限界!」妻の短気に疲れた時の対処法とNG行動とは?
こんにちは、心理カウンセラーのSORAです。
本日は、こんなお悩みをいただきました。
本日のお悩み

最近、仕事が終わって家に帰ると毎日のように妻の機嫌が悪く、もしかして自分が原因…?って思うんですが全く心当たりがないんです。毎日この状態が続くとなると「もう限界です…。」なにか良い解決方法を教えていただけないでしょうか?

奥さんが短気で夫婦関係に危機を感じているというお悩みはよく聞きます。

そんな「もう限界!」とお思いのあなたに、今回はオススメの対処法をお伝えしましょう。

奥さんが短気で悩んでいる方は、この記事を読むことで、奥さんの短気に対処するための有効な解決法を知ることができるはず。

今回のポイントは次の5つ。

  1. 妻の短気の原因を知る
  2. あなたの言動の見直し
  3. 妻の気持ちに寄り添う
  4. 妻とのコミュニケーション
  5. 自分自身もリラックスする

です。

それでは、参りましょう。

妻の短気の原因を知ることが重要

奥さんの短気の原因は様々ありますが、育児に関連する原因もあるかもしれません。

例えば、

  • 育児に疲れている場合
  • 子供の行動にイライラしている場合

などが考えられます。

育児に関連した原因に対処するには、夫婦で協力して子育てに取り組むことが重要です。

夫が育児に積極的に参加し、奥さんが子育てに専念できるようにサポートすることで、奥さんのストレスを軽減することができます。

また、育児に関連する原因以外でも、

  • 奥さんが自分の時間を持てない
  • 家庭内の問題

などが原因である場合もあります。

このような場合は、家事や育児、家計の管理などを分担し、奥さんが余裕を持って生活できるようにすることが大切です。

まずは、一度冷静に原因を見極めることが大事。

原因が分かれば、対処方法も変わります。

妻を怒らせるような言動や態度を取らない

すぐに改善できる対処法としては、あなたの言動の見直しです。

奥さんを怒らせるような言動態度をとると、奥さんの短気を助長してしまいます。

以下のようなことは避けるべきです。

  1. 妻の意見を全く聞かないで、自分の意見ばかり主張しない
  2. 妻の感情を無視して、自分の思い通りに行動しない
  3. 妻に対して嫌味や非難を言わない
  4. 妻が話している最中に、スマートフォンなどに夢中にならない

具体的に解説します。

妻の意見を全く聞かないで、自分の意見ばかり主張しない

奥さんの意見を全く聞かないで、自分の意見ばかり主張するのはNG!

奥さんが短気である原因の一つに、自分の意見が聞かれないことへのストレスが挙げられます。

奥さんの意見を全く聞かないで、自分の意見ばかり主張するという行動は、奥さんの短気を助長する原因となります。

例えば、夫婦での食事の場面で、奥さんが「仕事で遅くなったから、今からご飯作るけど大丈夫?」と尋ねたとします。

その時、あなたが「お腹すいたから今すぐ食べたいんだけど」と返答すると、奥さんは「私のことより自分を優先するのね…」と不満を感じるかもしれません。

このように、奥さんの意見を聞かずに自分の意見を主張すると、奥さんの不満を招くことになります。

悪気はないんですが、つい言ってしまうこともありますよね…。

そうならないためにも、自ら意識することが大切です。

妻の感情を無視して、自分の思い通りに行動しない

奥さんの感情を無視して、自分の思い通りに行動することは、奥さんにとってストレスになります。

例えば、家族での外食時に「みんなでシェアするから、この料理を頼んでおきましょう」と提案したにも関わらず、あなたが「俺はあの料理が食べたいから、それを頼む」と自分勝手な意見を押し通すと、奥さんは「何で私の提案を聞いてくれないの?」と不満を感じるかもしれません。

また、家事や育児について、あなたが自分勝手な行動を取ると、奥さんは余計な負担を感じ、ストレスがたまります。

奥さんの感情を無視せず、奥さんの気持ちを尊重することが、夫婦関係を改善する鍵となります。

妻に対して嫌味や非難を言わない

奥さんに対して嫌味や非難を言うのはダメ!

奥さんに対して嫌味や非難を言うことは、奥さんにストレスを与えることになります。

例えば、奥さんが家事をやっている最中に「それでいいのか?」とボヤいたり、育児について「それで子供が育つと思ってるの?」と非難するような言葉をかけるのは避けるべきです。

奥さんは自分の努力を認められず、不満やストレスを感じることになります。

奥さんの努力を認め、感謝の気持ちを伝えることが、夫婦関係を改善するために必要です。

例えば、奥さんが夕食の準備をしている最中に、「おつかれさま。いつもありがとう。今日も美味しそうだね」と声をかけると、奥さんは自分の努力が認められたと感じ、ストレスを感じることなく、夫婦関係を改善することができます。

奥さんに対して嫌味や非難を言うのはやめて、奥さんをサポートする言葉をかけることが大切です。

妻が話している最中に、スマートフォンなどに夢中にならない

奥さんが話している最中に、スマートフォンなどに夢中になっているという行動は、奥さんに対して不信感や不満を抱かせる原因となります。

夫婦関係を改善するためには、奥さんの話を聞くことが大切です。

例えば、奥さんが仕事でストレスを感じているときに話しかけてくる場合、あなたがスマートフォンで遊んでいたりすると、奥さんは「私の話に興味がないの?」と感じ、不満を感じるかもしれません。

奥さんが話している最中は、スマートフォンやテレビなどに目を向けるのではなく、奥さんの話を真剣に聞くことが大切です。

奥さんの話に興味を持ち、共感を示すことで、奥さんのストレスを軽減し、夫婦関係を改善することができます。

話を聞いてあげるって本当に大事ですよ。

妻の気持ちに寄り添う

奥さんの短気に悩んでいる方は、奥さんの気持ちに寄り添うことが大切です。

奥さんの気持ちに寄り添うとは、

  • 奥さんの立場に立って物事を考える
  • 奥さんが望む形で行動する

ことです。

奥さんの気持ちに寄り添うことで、奥さんがストレスを感じずに、夫婦関係を改善することができます。

まずは、次の3つを意識してみてください。

  1. 妻の話を真剣に聞く
  2. 妻の意見を尊重する
  3. 妻に協力する

解説します。

妻の話を真剣に聞く

どんな些細なことでも奥さんの話を真剣に聞くことが大切です。

奥さんが話す内容に興味を持ち、共感を示すことで、奥さんは自分の気持ちを理解してもらえたと感じ、ストレスを感じることなく、夫婦関係を改善することができます。

特に、相手が話してる途中で、割り込んで自分の話をしてしまうなんて大問題です。

心当たりありませんか?

どんな話でも聞いてもらえる相手がいることは、とても幸せなこと。

ちょっとしたことなんですが、夫婦間にとってはとても重要なんです。

妻の意見を尊重する

奥さんの意見を尊重することも、奥さんの気持ちに寄り添うことの一つです。

奥さんが自分の意見を言っている最中に、自分が主張したいことばかりを言うと、奥さんは自分の意見が聞かれないことに不満を感じるかもしれません。

妻の意見を尊重することで、妻がストレスを感じずに、夫婦関係を改善することができます。

妻に協力する

奥さんに協力することも、奥さんの気持ちに寄り添うことの一つです。

家事や育児に協力することで、奥さんが余計な負担を感じずに、ストレスを感じることなく、夫婦関係を改善することができます。

例えば、夕食の準備を手伝ったり、子供の世話をすることで、奥さんの負担を軽減しましょう。

奥さんの気持ちに寄り添うことで、奥さんがストレスを感じずに、夫婦関係を改善することができます。

奥さんの短気に悩んでいる方は、是非、奥さんの気持ちに寄り添うことを心掛けてみてください。

コミュニケーションを改善することが大切

夫婦関係をよくするためには、コミュニケーションが欠かせません。

夫婦関係をよくするコミュニケーション方法を紹介します。

相手の話をよく聞く

夫婦関係を良好に保つためには、相手の話をよく聞くことが大切です。

相手が話しているときは、目を合わせて、相手に向き合って聞きましょう。

相手の話を聞くことで、相手の気持ちを理解し、信頼関係を築くことができます。

感謝の気持ちを伝える

夫婦関係をよくするためには、相手に対して感謝の気持ちを伝えることが大切です。

相手が何かをしてくれたときには、感謝の言葉をかけましょう。

感謝の気持ちを伝えることで、相手の心を温かくし、夫婦関係をよくすることができます。

素直に気持ちを伝えるのは照れますが、確実に夫婦関係を良くします。

サポートの言葉をかける

夫婦関係をよくするためには、相手に対してサポートの言葉をかけることが大切です。

相手が何かに挑戦しているときには、応援の言葉をかけましょう。

また、相手が失敗してしまったときには、励ましの言葉をかけてあげましょう。

相手に対してサポートの言葉をかけることで、相手の自信を回復させ、夫婦関係をよくすることができます。

コミュニケーションの時間を確保する

夫婦関係をよくするためには、コミュニケーションの時間を確保することが大切です。

日々の生活の中で、お互いにコミュニケーションを取る時間を設けましょう。

たとえば、夕食時には、お互いに今日あったことを話し合ったり、週末には、お互いに好きなことをして過ごす時間を作ることができます。

コミュニケーションの時間を確保することで、お互いの気持ちを共有し、夫婦関係をよくすることができます。

もう一度やり直すことを許す

夫婦関係をよくするためには、もう一度やり直すことを許すことが大切です。

誰にでも失敗はあるものです。

相手が失敗してしまったときには、怒ったり、責めたりするのではなく、もう一度やり直すことを許しましょう。

もう一度やり直すことで、お互いの関係を修復し、夫婦関係をよくすることができます。

自分自身もリラックスする

奥さんの短気にイライラしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、自分自身がイライラしてしまっては、状況は悪化するばかりです。

自分自身もリラックスすることが大切です。

趣味や運動、マッサージなど、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。

まとめ

奥さんの短気に悩んでいる方は、相手のストレス、疲れ、ホルモンバランスの乱れなど状況に応じた原因を探り、対処法を見つけることが大切です。

コミュニケーションを改善や自らの言動の見直しなど、この記事で紹介したアドバイスを参考にして、夫婦関係を改善するために、一緒に取り組んでいきましょう。

相手の気持ちに寄り添い、話を真剣に聞き、意見を尊重し、協力することを一番に考えてくださいね。
関連記事